ホーム < 新着お知らせ情報 < 全国介護事業者連盟(略称:介事連)総会出席報告
Get ADOBE READER
PDF書類をご覧いただく為にはAdobe Readerが必要です。左のアイコンをクリックし、無料配布されているAdobe Readerをダウンロードして、パソコンへインストールしてください。(※注:接続回線の状況によってはダウンロードに時間がかかる場合がございます。)

新着お知らせ情報

■全国介護事業者連盟(略称:介事連)総会出席報告

2018年08月28日 掲載

開催日時  :8月23日(木)14:00~17:00
開催場所  :ベルサール神田
連盟出席者:杉原会長、比留間副会長、二神副会長

挨拶:  野口哲英 理事長
      斉藤正行 専務理事・事務局長 

団体設立趣意、法人概要、活動目的、五大政策の説明:
①現場視点によるサービス品質向上を目的とした制度改革の推進
②科学的介護手法の確立と高齢者自立支援の推進、
③業務効率の向上をめざし、制度のシンプル化、介護現場のICT化、ロボット活用の推進
④介護職の処遇改善・ステータス向上等の人材総合対策の推進、五将来を見据え、海外・アジアの介護産業化の推進)、私たちが目指す理想の未来図等(資料有)

記念講演:
 講師:慶応大学 三浦公嗣 教授(資料有)
 テーマ:「持続可能な社会保障制度の確立に向けて」

コメント:
現存する全国事業者協議会の政治団体。
(出席議員:自民党-田村憲久衆議院議員、
        自民党-今枝宗一郎衆議院議員・財務大臣政務官、
        自民党-穂坂泰衆議院議員、
        無所属-山口和之参議院議員)

社会保障制度の一翼を担う介護現場の視点から、各サービス・法人種別ごとに細分化された団体で活動する180万人の介護職員が一丸となり、「介護の産業化」、生産性の向上」を二大テーマに掲げ、介護事業者による団体をめざした活動に期待したい。

文責:杉原素子

←前の記事へ  次の記事へ→