ホーム < 新着お知らせ情報 < 女性医療職エンパワメント推進議員連盟による加藤厚労大臣への要望活動に参加しました。
Get ADOBE READER
PDF書類をご覧いただく為にはAdobe Readerが必要です。左のアイコンをクリックし、無料配布されているAdobe Readerをダウンロードして、パソコンへインストールしてください。(※注:接続回線の状況によってはダウンロードに時間がかかる場合がございます。)

新着お知らせ情報

■女性医療職エンパワメント推進議員連盟による加藤厚労大臣への要望活動に参加しました。

2017年12月19日 掲載

12月15日、加藤勝信厚生労働省大臣に決議文を手渡して、女性医療職が活躍しやすい環境の整備への申し入れに参加して参りました。表記の議員連盟は超党派の衆参165人の議員が加盟しており、会長は野田聖子議員、事務局長を自見はな子議員が務めておられます。参加団体は、医師会、歯科医師会・連盟、薬剤師会、放射線科専門医会・学会、日本看護連盟、日本作業療法士連盟、全国社会保険労務士政治連盟、ウェルビーイング政策を提言する女性医師懇話会であった。申し入れは15分の予定であったが、各団体一言ずつ課題を述べた。加藤大臣は働く女性医療職の、出産・子育て・院内保育の環境づくりを働き方大綱とも勘案していきたいと答えらており、対応を見守りたいと思います。
比留間

尚、当該議員連盟HPにも当日の記事が記載されております。
https://www.m3.com/open/iryoIshin/article/575255/

  

←前の記事へ  次の記事へ→